読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ごきげんスピリチュアル」

アルビノヒーラーアイドル きゃさりんのマイノリティも、スピリチュアルも、メンタルも、体のケアも、好奇心旺盛に知識と経験と貪欲祭りなブログです。どんな事があっても 「ごきげん」 なのが一番じゃない

精神科医が見た『となりのトトロ』

スピリチュアルとは? セミナーやら塾やら カラダ 感覚とは? 哲学みたいなこと

アルビノヒーラーアイドルきゃさりんの

『至福のセミナー受講シリーズ』

 

人生全てが学びと経験。

会いたい時に会いたい人に会いに行く!

フットワークの軽い事が何より魅力的なきゃさりんの(今年も始まってまだ1ヶ月ですが)

2017年感心したセミナーで賞No.1

 

「精神科医が見た『となりのトトロ』

でした。

 

スピーカーはこの方、

聖路加リエゾンセンター所長

保坂隆先生

http://hospital.luke.ac.jp/guide/liaisoncenter/dr/hosakatakashi.html

 

2016年10月に空海、密教のセミナーを受け、大爆笑の大感激!しましたが、

 

(このセミナーも精神科医の立場から「空海は鬱だった」見解を示し、高野山大学の修士論文を書いてる、と言う前代未聞な面白過ぎる内容でした。)

 

今回は「となりのトトロ」を精神科医から見ると、そうなるのぉ〜(*^o^*)と、先生の目線の置き方に感心させられっぱなしでした。

 

トトロのストーリーを追いながら、

アニメも小説もウィキペディア先生も活用しながら、(いつか宮崎駿さんと対談して欲しい)

 

受講者さん達へ何故こうなったか質問やシェアなども交え、

精神科の現状や、ソーシャルサポートの話や、

スピリチュアルな考え方、ココロと身体の繋がりの大切さ、

 

何処まで話が膨らむの〜(*^o^*)

 

と、あっという間の3時間で、皆様すっかり「となりのトトロ」を見たくなったのです。

勿論ただ見るのではなく、先生の見解を踏まえて早く見て見たい!気持にさせられました。

 

 

何より素晴らしいのは、保坂先生のものの見方、捉え方なのです。

 

空海は鬱だったなんて本まで出して、仏教界、密教会に喧嘩売ってるの?みたいな先生ですよ。

それがこの本

f:id:kinaco3157:20170129224622j:image

 

保坂先生の様にものを考えられたら、

本当に人生楽しくてワクワクして、飽きる事ないごきげんな人生になる事間違いない!

 

そこに感心と感動があるのです。

 

癌であったとしても、

鬱になったとしても、今は治せるものであり、それも人とのご縁なのだと、改めて人との繋がり、ご縁に感謝と大切さを刻みました。

 

医療従事者も、スピリチュアルや心理を扱う人達も、保坂先生の様な『多面的なものの捉え方』と『専門性』を兼ね備える心を持って欲しい。

自分も然り!と改めて一流を見せて頂きました。

ありがとうございます。

 

 f:id:kinaco3157:20170130003539j:image