読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ごきげんスピリチュアル」

アルビノヒーラーアイドル きゃさりんのマイノリティも、スピリチュアルも、メンタルも、体のケアも、好奇心旺盛に知識と経験と貪欲祭りなブログです。どんな事があっても 「ごきげん」 なのが一番じゃない

アルビノが私で良かった事

きゃさりんはアルビノです。
44年アルビノしてるので私にとっては普通なのですが、知らない方もまだまだいらしたので、今日はそのお話。

f:id:kinaco3157:20161214095907j:image
私、色素と言うものはありません。
正確に言うと、色素を作る酵素が無いのだとか。

酵素って面白いよね〜

先日のおのころ心平さんの心理学セミナーでも、脳内にもアドレナリンを出す時に酵素が使われるのだそう。身体の事を調べていくと酵素がキーワードだなとつくづく思います。
酵素についてはまた詳しく調べたいです)


アルビノがどういうものなのか?

私よりGoogle先生ウィキペディア先輩が詳しく解説してくれてますので、そちらをご参考に、
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アルビノ

っま、ざっくり言うと遺伝子の関係で色素を作る酵素がなく、白い髪に白い肌、目の色も薄く視力障害がある。2000人に1人くらいいるらしいです。
f:id:kinaco3157:20161214095959j:image
お友達も沢山います。
日本アルピニズムネットワークもあります。


日本人だけでなく海外にも沢山いて、タンザニアだと、現在でもアルビノの身体は
長寿になれる、健康になれる、幸せになれると
生贄になってしまう存在です。

これについてはもっと世界的に啓蒙とか発信が必要です。


私にとっては学術的な事はどうでも良くて、
所謂見た目に特化する、させられる事が多くありました。

子供の頃は「ガイジン」扱いされ、
「ガイジン」という言葉に酷く反応しました。

注目されることも多く、その視線をさも何とも感じないフリをする技を取り入れました。

「あなたは私を見ているけど、そんな事はちーっとも気にしていないのよ」オーラをガンガン出し、エヴァンゲリオンで言うATフィールド全開でした。

おばちゃん達には、「真っ白で可愛い😍」
子供達には、「何で白いの?」
知らない人には、「みてみてあの子ってさ・・・。」
おじさん達には、「病気なのか?混血なのか?」

沢山の言葉と視線が釘づけ、まさにくし刺でした。

当時の私は自分を客観視する事は出来ません。
だって中にから外を見ているから。
自分の肌が白かろうが、目が薄いブルーだろうが、まつげも白かろうが、私は自分の中からしか見えないのだから違いが分かるはずもなく、
勿論鏡で見る事はできても、皆んなと違う事は自覚はしていませんでした。

虐められたら、いじめ返し!
噂になったら上等!
人と同じ事したい訳ないでしょ!

大人になるにつれ、自分を活かす方法を身につけました。
芝居したり、声の仕事しようとしたり、水商売したり、仕事したり、恋愛したり、結婚したり、
スピリチャルな事始めたり。
表に出たい欲求と探究心を満たし、満足しています。

そしていつまでも変わらない事、それは日本人としての魂の部分。
美しいものに心奪われ、
人と人との距離感や思いやり、
自然崇拝や侘び寂びを感覚で知ってるところ。
お出汁の美味しさや旨味を感じる舌、
和太鼓や三味線の響がしみる心。

見た目はガイジン、中身は日本人。
一石二鳥な楽しい器を貰って本当に良かった😊

f:id:kinaco3157:20161214100059j:image
大阪のリコ姉ちゃん


アルビノで良かった事、
それは人と違う経験ができる事。
美しい目と肌を持てた事。
何より沢山の人と交流できる事。
覚えてもらえる事。
愛されてる事。

メルヘンチックだけじゃなく本当に良かった事は、

私がアルビノだという事。

アルビノが私だったが為に、弱い存在、護られる存在だけじゃない事をアピールできる。

わかってしまった私って最高ね(^O^)